佐世保市にカフェ豆葉がオープンしてた!夜型カフェでフルーツサンドとこだわりの珈琲と紅茶が楽しめる!

シェア

カフェ豆葉がオープンしてた!

2021年5月25日、佐世保市にカフェ「豆葉」(まめは)がオープンしていた!

営業時間が特徴的で、12時~24時まで営業をしているという夜型カフェだ。

オーナーが女性で、夜に女性が休憩できる場所を提供したいという想いで営業をされている。

お買い物の後や、夜に飲む前、飲んだ後に立ち寄ってゆっくりして欲しいそうです。

確かに、街の中心部では夜まで営業をしているカフェというのは非常に少なくなった。

夜カフェを探していた人にとって、豆葉は救世主となる存在かもしれない。

そんな豆葉がどんなお店なのか、今回はレポートをしていこうと思う。

お店の中は、カウンター席とテーブル席がある。

ナガサキセーフティの認定店でもあるので、衛生面の対策もバッチリ。

お客様との心の距離を大切にしたいというオーナーさんだけあって、居心地の良い空間づくりを目指されています。

360度画像で店内をチェック

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

メニュー表

コーヒーや紅茶に目が奪われがちだが、実はクラフトビールの種類も豊富。

夜にカフェでアルコールを飲みたいという人にもピッタリなお店です。

そして、何気にコーヒーゼリーが一押しだったりする。

こだわりのコーヒーで作ったコーヒーゼリーがたっぷりと食べられ、上にはバニラアイスがトッピングされているらしい。

その他、日替わりシフォンも種類が色々あり、使われている食材で粉の配合も変えているというこだわりっぷり。

うーん、気になる!

テイクアウトもしているので、まとまった時間が作れない場合でも豆葉を楽しむことが出来る。

美味しいコーヒーを気軽に飲みたいという人は、豆葉のテイクアウトを覚えておくと便利だと思う。

豆葉の面白いサービスの一つが、この飲むカップを選べるサービスだ。

長崎県内だけではなく、有名所の窯元の陶器でコーヒーや紅茶が楽しめる。

陶器が好きな人にはもってこいの面白いサービスだろう。

フルーツサンドが三切れ400円!

大人気フルーツサンド!三切れ400円!

ハーフが三切れで、通常バージョンは六切れで700円。

六切れで700円とか、恐ろしいコストパフォーマンスの良さだ。

生クリームは自家製で、フルーツはフレッシュフルーツを使うようにしているそうです。

何気に手が込んでいるのが特徴。

生クリームが本当にたっぷり!

食べると、生クリームが溢れてくる!

フルーツもジューシーで、瑞々しくてとっても美味しい。

フルーツサンド、すごく美味しい。

三切れもあるので、結構お腹いっぱいにもなる。

使用されるフルーツは季節によって異なったりするそうなので、これからどんなフルーツに出会えるのかも楽しみだ。

クレープアイス包みが豪華!

クレープアイス包みが、想像と全然違って豪華だった!

単純にクレープ生地でアイスを巻いただけのものを想像していた。

フルーツでデコレーションされているし、チョコレートソースまでかかっている。

フレッシュフルーツを使うようにしているそうなので、これで600円はお買い得。

サンドイッチが人気なんだそうですが、それと並んで人気なのがクレープアイス包みらしい。

もちろん、クレープの生地はお店で焼いた手作りだ。

中を見てみると、冷たいアイスが出てきた!

自分は少し時間を空けて食べましたが、少し溶けたバニラアイスがクレープに染み込んでめちゃウマっ!

そこにフルーツの酸味が加わって、どれだけでも食べられそうな美味しさ。

これは缶詰のフルーツでは絶対に出せない味。

クレープ生地は程よく厚くてモッチリ食感で、思った以上に満足感がある印象だった。

確かに、これは人気メニューだと思う!

素朴さの中にこだわり有り!

たまごサンドも400円!

ハーフでも三切れあり、通常のものだと六切れで700円だ。

たまごがたっぷりと入っていて、ボリュームがある!

お酒にも合うようにと、少しだけ辛味をプラスしてあるのが特徴。

深夜まで営業をしているカフェだからこその味だと言えるだろう。

しかも、ちゃんと美味しいから素晴らしい!

たまごサンドの味は懐かしさもあり、昔ながらの喫茶店を想像させるような時間が過ごせる。

コーヒーと紅茶と合う!喫茶店みたいだ!

豆葉といえば、コーヒーと紅茶!

お店の名前にもなっている「豆」と「葉」は珈琲豆と紅茶が由来になっている。

それだけ、コーヒーと紅茶にはこだわりがあるお店だということ。

コーヒーは、わざわざ京都と島原から焙煎し立ての豆を取り寄せているそうです。

それがまた美味しい。

更に、サンドイッチとも抜群に合う!

コーヒーとサンドイッチを一緒に楽しんでいると、それこそ昔ながらの喫茶店を想像する。

ゆったりとした自分時間が流れて、味を楽しみながら自分と見つめ合う時間を堪能できる。

コーヒーと紅茶は、より良い時間を過ごすマストアイテムだ。

紅茶はラビアンローズを飲んでみました。

花びらがお茶に浮かんでいる様子が可憐で可愛い。

ポットでお茶が出てくるので、カップ2杯分はありそう。

正直、バラの紅茶とか味はどうなのだろうと思っていたのですが、これ美味しい!

紅茶の味に、バラの良い香りが程よく乗ってくる。

香りが強過ぎずに上品さがあって落ち着く。

これは絶対に上質な紅茶だと思う。

豆葉はメニュー表だけを見るとシンプルなラインナップに見えましたが、なんともこだわりが詰まったお店だった。

コーヒー、紅茶、サンドイッチ、スイーツ、手作りにこだわって、ここだけでしか味わえないものがいっぱい。

深夜まで営業をされているので、女性が夜に寄れるカフェというコンセプトも面白い。

年代性別問わずに安心して時間を過ごせるお店だと思うので、気になっていた人は是非一度足を運んでみて欲しい。

店舗詳細情報

住所:長崎県佐世保市下京町10−7

営業時間:12時~22時(金土は24時まで)

電話番号:0956-37-9400

定休日:木曜日、第3日曜日

支払い方法:現金

その他:ポイントカードあり(500円1ポイント、20ポイントで500円分)、Free Wi-Fiあり

メニュー用お料理写真、SNS用をプロクオリティで!
思い出、SNS用、動画は気軽に外注をする時代!
友だち追加

SAFEEの公式LINEアカウントが出来ました!
記事の更新情報をお知らせします。

The following two tabs change content below.
佐世保市の情報に特化したローカルアカウントです。 ローカル情報ならおまかせ! 佐世保のあんな魅力、こんな魅力をお伝えしたいです。 お仕事の依頼も大歓迎!
シェア