佐世保市の牡丹園が冷凍餃子を新発売!老舗中華料理店の味が自宅で楽しめる!ニンニクのガツンとした風味が最高!

シェア

老舗中華料理店が冷凍餃子を新発売!

昭和48年から佐世保市で営業をしている老舗中華料理店「牡丹園」(ぼたんえん)。

美味しいのはもちろん、ボリュームたっぷりなお料理が魅力なお店です。

佐世保を代表する中華料理店だけあって、新しいお料理が次々と登場している。

その牡丹園が、9月から冷凍餃子の販売をスタート!

老舗の味が、お家でも楽しめるようになった!

今回は、冷凍餃子の美味しさをレビューしたいと思います。

お店は1階のテーブル席とカウンター席、2階は個室というレイアウト。

街の中心部にありながら駐車場も広く確保してあり、お仕事をしている男性に特に人気が高い中華屋さんだ。

上の写真は1階の入り口から撮影した写真だが、写真左に白色の冷凍庫があるのが分かるだろうか。

この白い冷凍庫の中に冷凍餃子がある。

冷凍餃子が欲しい場合は、中から取り出してレジに持っていくだけでOKだ。

360度画像で店内をチェック

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

メニュー表

牡丹園の特徴は、安い・美味しい・お腹いっぱいの3つ!

なので、純度の高い”町の中華屋さん好き”が集まる場所になっている。

焼き飯、皿うどん、酢豚、エビチリなどが特に人気だそうです。

期間限定メニューもあって、通う楽しみもあります。

新商品!冷凍餃子!

これが、牡丹園で新発売された冷凍餃子!

1パック20個入り1,000円。

自分で焼くタイプなので、お店で食べるより少しお得な価格に設定しているそうです。

賞味期限は製造日から1ヶ月となっている。

少し買い置きをしておいて、自炊がツライ日の助けにしてみるといいかもしれない。

お客さんからの要望があって商品化したという、お店のファンの人たちが待ちに待っていた待望の商品だ。

ちなみに、14時までであれば冷凍ではなくて生餃子の方も販売可能らしい。

妥協しないお店の味を家庭で楽しめるようにと、冷凍餃子はお店の味そのまま!

手作りに力を入れていて、1つ1つ料理人が手包みして作った餃子です。

このキレイな包みの仕上がりは職人技!

リズムよく包んでいくことで、キレイな折り目をつけることが可能なんだそうな。

これぞ餃子という味!

ニンニクの香りがシッカリとある!

そこに、豚肉と背脂のジューシーさ、野菜の甘味とシャキシャキ感がたまらなく美味しい!

これぞ餃子という強い味だ。

更に餃子を楽しみたい人は、お好みでごま油で焼いて香りをつけてもいいだろう。

食べ応えがあって、1個の満足感があるため食事としてもおつまみとしても最適。

皮の絶妙な厚みと、ミッチリと詰まった具材は食べる喜びに直結している。

この餃子は好きな人が多そう。

お店の味をいつでもお家で楽しめる

冷凍餃子というと「保管に便利」という印象がとても強いが、牡丹園の冷凍餃子は満足度も高かった!

自分で焼く必要がありますが、逆に言うと焼き立てが食べられるということでもある。

焼きたての餃子は最高に美味しい。

しかも、それがお店の味となれば尚更だ。

正直、僕としては贈答用としてもオススメしたいぐらいだ。

今は配送等は対応されていないのですが、是非対応して欲しいと思っている。

佐世保の中華料理文化を支えてきたお店の餃子なので、多くの人に今回の冷凍餃子は知って欲しいニュースでした。

店舗詳細

住所:長崎県佐世保市比良町1−1

営業時間:11時~21時
(LO20時45分)

定休日:火曜日

電話番号:0956-25-3535

駐車場:あり

支払い方法:現金、GotoEat長崎のクーポン
※来年以降にクレジットカード対応予定

貸し切り:30名以上から要相談

第2駐車場はココ

メニュー用お料理写真、SNS用をプロクオリティで!
思い出、SNS用、動画は気軽に外注をする時代!
友だち追加

SAFEEの公式LINEアカウントが出来ました!
記事の更新情報をお知らせします。

The following two tabs change content below.
佐世保市の情報に特化したローカルアカウントです。 ローカル情報ならおまかせ! 佐世保のあんな魅力、こんな魅力をお伝えしたいです。 お仕事の依頼も大歓迎!
シェア