佐世保市日野町にパン屋 ふわりのぱん がオープンしてた!福岡にも無いようなパン屋を佐世保で!

シェア

ふわりのぱんがオープンしてる!

ふわりのぱん 外観

2020年5月20日、佐世保市日野町にパン屋さんがオープンしました。

元々、北松浦郡佐々町のマックスバリュ内で営業をされていたパン屋さんの移転オープン。

佐々町民にとっては、西海ハロー時代からの馴染み深いパン屋さん。

そんなパン屋さんが、お店を構えてとてつもない進化を遂げました!

どこにもない、ハイセンスなパン屋さんへと変貌した「ふわりのぱん」を今回は紹介しちゃう。

iPhone8だけで動画撮影してみた

動画投稿継続のため、チャンネル登録をお願いします!

頑張って動画も作っていきます!

福岡にも無いパン屋さんを佐世保に!

ふわりのぱん店内

お店がオシャレ!ハイセンス!

お店の中は、海外のアンティーク素材を使って作っているらしい。

パン屋さんとは思えないオシャレさで、小さな店内というのも特別感があって感動する。

行列が出来るパン屋さんで有名ですが、これは確かに並んででも買いに来たい。

ふわりのぱんのバゲット

見てくださいよ、バゲットのディスプレイ。

額縁に飾ってあって、一瞬「飾りかな?」っと思いますが、ちゃんと本物のバゲットで販売されているものになる。

店内の色の統一感といい、ディスプレイのセンスといい、「五感で感じてもらえる、福岡にもないパン屋さんを作りたい」というオーナーさんの想いがシッカリと実現されている。

ショーケースの中にパンがある

ふわりのぱんショーケース

衛生面も考慮して、パンはショーケースに入っています。

お店の人に、これが欲しいというのを伝えて買う方式。

毎日60種類のパンを入れ替えながら並べているそうで、朝で売り切れちゃうパンも多数あるらしい。

追加で焼いたりもするそうですが、時間帯的には朝の来店が一番オススメだそうです。

広告 菜~さい~Nagasaki Cafe

その日にしか作れないパンを作りたい

ふわりのぱんのパン

お店には、日替わりパンや季節限定のパンが多く並びます。

もちろん、定番のパンもある。

しかし、旬の素材を使ったり、その日だからこそ作れるパンというのを積極的に並べたいとオーナーさんは仰っていました。

日替わりパンなどのお話を聞いていると、お店に通う楽しみとかそういうレベルではなくて、パンはお料理であることを再認識しましたし、アートなのかもしれないと感じました。

パンって奥深いんですね~。

そして、すごく楽しい。

パン好きな人にとって、ふわりのぱんは宝箱なんじゃないだろうか。

チャレンジを繰り返すパン屋さん

ふわりのぱん 色々なパン

「作ったことが無いパンをどんどん作りたい」

っとお話をされたオーナーさん。

パンの勉強や研究を惜しまず続けられていて、他県まで足を運んだりされている。

パンへの静かな熱意が見て取れますが、それと同時に「地元の人に長く愛されるお店にしたい」という地元の人との距離を大切にしたいという想いも強いオーナーさんでした。

チャレンジを繰り返しているパンですが、もう全部が全部可愛い!

パンが可愛いって、そんな感想があるのかと思いますが・・・あるんですって!

色とか形とか、パンに萌える。

お店に行ったことがある人な分かると思う。萌える。

色々買っちゃうに決まってる!

ふわりのぱん 買ってきた

ふわりのぱんでは、100円~500円前後まで幅広い価格帯のパンを置いています。

お手頃なパンから手の込んだパンまであって、選んでいると気付けば買い過ぎちゃってる。

パンの魅力、ヤバい。

魔性のパンですよ。

これを、一気に15分程度で食べちゃった。

我慢ができない男、させぼナビです。

絶好調です、体重増加が。

フォカッチャの美味しさがスゴイんだから

ふわりのぱん フォカッチャ

色々なパンがあって、全部が全部美味しかった!

中でも、僕が一番感動したのはフォカッチャ!

他のお店でも見かける定番品ですが、これがめちゃめちゃ美味しかった。

僕のふくよかボディにかけて言う。絶対にオススメ。

じゃがいもを練り込んでいるそうですが、他のお店では食べられない美味しさだった。

フォカッチャに感動しましたが、もちろん他のパンもスゴく美味しい。

正直、僕的ナンバーワンなパン屋さんかもしれない。

ハード系のパンも揃っていますし、生地の美味しさといい、クオリティが高いのなんの。

アロマのような花の香りが心地よいパン、果物が瑞々しいパン、高級レストランに出てきてもおかしくないようなサンドイッチやトースト。

サンドイッチとか野菜がちゃんとマリネにしてありましたし、手の込み方が半端ない。

佐世保でトップレベルだと言っていい!

ふわりのぱん感想

「このパンってどんな味なんだろう」

っという、味が想像できないパンが大量にお店に並んでいる驚き。

そして、食べると想像を超えてくる美味しさがある。

そんなパン屋さんが今まであっただろうか。

次は、どんなパンがお店に並ぶのだろう。

気付けば、そんなことばかりを考えてしまっている。

ふわりのぱんは、何から何まで他のお店とは違う。

まだ、ふわりのぱんに行ったことが無い?パン好きなら人生を損しているよ!

そう言いたくなる、名店の誕生だと思う。

店舗詳細

住所:長崎県佐世保市日野町862−59

駐車場:店舗前に2台、斜め向かい側の裏手に2台(お店の人に聞いてみてください)

営業時間:10時~18時(売切れ次第終了)

定休日:月曜日、第2・第4日曜日、隔週で火曜日

電話番号:0956-59-8328

支払い方法:現金、PayPay、auPay、D払い、クレジットカード(対応予定)

お店の情報は、Instagramをチェック。(Instagram

The following two tabs change content below.
佐世保市の情報に特化したローカルアカウントです。 ローカル情報ならおまかせ! 佐世保のあんな魅力、こんな魅力をお伝えしたいです。 お仕事の依頼も大歓迎!
シェア