荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋 を見に行ってきた!

シェア

ジョジョ展だ! ズキュウウウン !

荒木飛呂彦原画展 JOJO

ジョジョの奇妙な冒険を知っているだろうか。

ジャンプで連載が始まり、圧倒的な人気を誇る漫画である。

現在8部目となる「ジョジョリオン」が連載中だ。

特徴的な擬音、特徴的なポージング、引き込まれるストーリー、芸術的な画力、自分もジョジョの大ファンだったりする。

そんなジョジョが、長崎県美術館で企画展として登場。

これは行くしかない!っということで行って来ました!

ありのまま今起こったことを話すぜ!荒木飛呂彦原画展は最高だった!

原画展情報はコチラ! タコス !

開催期間:2020年3月29日まで

料金:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円

場所:長崎県美術館

OWSONが登場してる!パゥパゥ!

荒木飛呂彦原画展 JOJO OWSON

会場に入る前に、会場の外でもジョジョを楽しめるコラボイベントがあっている。

なんと、ジョジョの奇妙な冒険の第4部に登場した「OWSON」(オーソン)が現実世界に!

ローソン出島店が、期間限定でOWSONへと変身している。

コラボグッズも販売されているので、ファンの人は寄ってみる価値が大いにあるだろう。

いざ!会場へ!メメタァ!

荒木飛呂彦原画展 JOJO 会場

会場は、県美術館の2階の奥。

2階へ上がると、分かりやすく通路が作られている。

長い廊下の先に、ジョジョの絵がチラリと見える。

ワクワクしかない!

荒木飛呂彦原画展 JOJO 入り口

とりあえず、記念に入り口の大きな広告は撮影するよね、当然。

この入り口の絵だけで20分は時間を過ごせる。

格好良い・・・荒木飛呂彦さん、最高。

漫画のライブ感がスゴイ! ゴゴゴゴゴ !

荒木飛呂彦原画展 JOJO 展示

会場は第1と第2に分かれていて、第1は完全に撮影禁止。

”漫画のライブ感を楽しんで欲しい”

荒木飛呂彦さんのその言葉通り、第1会場はライブ感がスゴイ。

原画の迫力、漫画の手法というか、解説なども面白くて仕方ない。

時間が足りないと思うぐらいに充実した原画展だった。

それから、第2会場へ移動。

第2会場は撮影OKなのでバンバン撮影しちゃいました。

荒木飛呂彦原画展 JOJO 展示一覧

絵がデッカイ!クオリティ高っ!!

壁にズラリと荒木飛呂彦さんの絵が並んでいるのだが、迫力がスゴイ!

色使い、構図の美しさが半端ない。

荒木飛呂彦原画展 JOJO 展示一覧

テンションが上がる~!

イギーがいる・・・可愛い・・・可愛いぞ・・・。

しかし、これだけの絵に囲まれて、原画を山ほど見れて、濃厚な解説があったり、これで当日券1,600円は安い。

画力が凄すぎる! メギャン !

荒木飛呂彦原画展 JOJO 展示アップ

大きな絵ですが、近くで見ても全然クオリティが落ちない。

っというか、近寄ってみると絵の凄さがより分かる。

遠目で見る、近寄って見る、ガン見する、また遠目で見る、この繰り返し。

荒木飛呂彦原画展 JOJO 展示画

男性、女性を問わず、荒木飛呂彦さんの絵は素晴らしい。

描き込みが凄く、リアリティがあるのに”ちゃんと漫画”というのが素晴らしい。

絶妙なバランス感覚の上に成り立っている絵なんだと思う。

荒木飛呂彦原画展 JOJO ドアップ

見てくださいよ、このドアップ。

あれだけ大きな絵なのに、間近で見てもこのクオリティ。

ヤバいよヤバいよ!

来てよかった・・・。レロレロレロ。

荒木飛呂彦原画展 JOJO 感想

あっという間に時間が過ぎてしまった・・・。

もっとジックリ絵を見たかった。舐めるように見たかった。

見れば見るほど、もっと見たいと思わせる、そんな魅力が詰まった迫力ある原画展だった。

ジョジョのファンの人であれば、この貴重な原画展は必ず行っておくべきだと思う。

こんな素晴らしい原画展が長崎に来てくれたことに感謝である。

The following two tabs change content below.
長崎市周辺のローカル情報を発信中! 諫早、大村、西彼杵、東彼杵など、幅広く活動しています。 長崎県をもっと楽しく! お仕事の依頼も受付中です。
シェア