日本に3台だけ?!佐世保市田の浦町にコーヒー豆の自動販売機がある!

シェア

佐世保に珈琲豆の自動販売機?

全国にも3台しか無いと思われる、コーヒー豆の自動販売機が佐世保にあるらしい。

そんな自動販売機があるの?!知らなかった!

しかも、そのコーヒーがすっごく美味しいという噂。

それは、是非とも行きたい、買いたい、飲んでみたい。

コーヒー好きとして、食べ歩きニストとして、これは飲まずにはいられない!

でも・・・どこにあるんだろう・・・・。

っで、実際に調べて行ってみると・・・・

あった!これが珈琲豆の自動販売機!?

本当にあるんだ!?初めて見た!!!

っというか、この場所自体に初めて来ました!入って良い場所だったんだ!

場所はココ

長崎県佐世保市田の浦町5番地44

トヨタカローラ長崎佐世保大塔店へ曲がって、奥へ進んだ場所です。

場所が地図では分からない人は、Youtubeで道案内動画を公開しようと思うので、Youtubeのチャンネル登録をして頂ければと思います。

チャンネルはコチラ

全国で3台、西日本では初っぽい

焙煎日から1週間以内の珈琲豆だけを販売しているみたい。

しかも、全国に3台だけ、西日本では初となる自動販売機っぽい。

話題性だけかと思いきや、鮮度にまでこだわってある本格的な珈琲豆。

珈琲豆は、瓶に入っているものが自動販売機から出てくるみたい。

んっ?!70gで200円?!安っ!!!激安っ!!!!

普通、600円〜1500円ぐらいしますよね?!

安過ぎて怪しいんじゃないの?!

っと思いましたが、先に言ってしまうと価格破壊です。

取材をして分かりましたが、ただ単に最高のものが最高に安いだけ。

そう、ただ単に最高なだけ、ただの素敵な自動販売機・・・驚く!

ビックリして、危うくチビる寸前。

豆は4種類、焙煎は3種類

取り扱っている珈琲豆は4種類。

「ブラジルNo2」

「モカ シダモ」

「キリマンジャロ」

「コロンビア スプレモ」

最高級品の豆を使っており、こだわりを感じます。

焙煎の深さは、浅煎り、中煎り、中深入りの3種類。

味がパラメータで表示されているので分かりやすい。

ちなみに、オススメは浅煎りです。

買っちゃうよね〜。

200円とか、毎日珈琲が飲めるお値段。

70gという量もちょうど良くて、鮮度が良い状態で使い切れる絶妙な量。

チョット待って!ミルがスゴい!

ステンレスのボディ、そしてセラミックの臼式!

コーヒーミルを少しでも知っている人なら分かると思いますが、セラミックの臼式がこのお値段で買えるのはスゴい!お買い得!!

買っちゃうよね〜。

無駄に2個とか欲しくなっちゃうぐらいお買い得。

このミルも、豆と同じく安かろう悪かろうでは全然無い。

1人1台、このミルを持って良いと思う。

なぬっ、瓶を持参でお得?

もう、情報の交通渋滞ですが、まだまだビックリポイントがある。

珈琲豆の空き瓶を持って、隣の株式会社 富永のビルへ行くと、珈琲豆70g + 30g がお値段据え置きの200円で買えちゃう。

しかも!その場で焙煎をしてくれる!!!!!

豆を持ち帰る袋は要持参。

実は、自動販売機の隣にある「株式会社 富永」の中で珈琲豆を焙煎しています。

ビルのインターホンを押して「珈琲豆を買いに来ました」と言えばOK。

このビルで?っと不思議に思いますが、その理由も後記します。

今までで一番美味しい!!!!

何じゃこりゃぁぁああああああ!!!

香りが違う!味が違う!全部違う!めちゃめちゃ美味しい!!!

今まで飲んでたコーヒーって一体何だったんだろ?!

お世辞とか抜きに、今までの人生で一番美味しい!

飲食店をレビューし続けて8年以上・・・・その経験を踏まえても今までで一番!

佐世保はもちろん、県内県外の色々なコーヒーを飲んで、コーヒーのことを少しは分かった気でいました・・・。

でも、これを知ると他のコーヒーは飲めない・・・。

「他のコーヒーよりも美味しい」じゃなくて、「他のコーヒーが飲めなくなるぐらい段違いで美味しい」です。

旨味、後味、全部が段違い。

最後の1滴まで美味しくて、最後は氷で薄くなってるはずなのに、コーヒーの美味しさが全く衰えない。

話を聞いてみたら、スゴかった!

珈琲豆、実は株式会社 富永の社員さんのために焙煎していたものなんだそうです。

社員さんに最高の珈琲を飲んで仕事をしてもらおうと、代表取締役が生豆を仕入れ、焙煎機を用意して、最高の1杯を社員さんに提供していたのが始まり。

「社員さんのために」なので、商売では無いので利益追求をしていない。

だからこそ、70g 200円という破格で珈琲豆が購入出来るのです。

もちろん、今は社員さんだけじゃなくて一般の人も豆は購入可能。

「佐世保の人に美味しいコーヒーを飲んで欲しい」

その想いで豆を出しているそうです。

生豆の鮮度が・・・とんでもない

「珈琲の美味しさは、豆の鮮度で決まる」

まあ、分かりますよ。

そうでしょう。

当然、他の珈琲豆を焙煎しているお店もそんなの分かって・・・・って、富永の珈琲豆の鮮度は段違い!!美味しさが段違い!!

「社員さんのために」と、妥協せずに鮮度の高い生豆を仕入れて焙煎している富永。

それが出来るのは、物流を熟知している会社だからこそ。

普通のお店だと物流までは手を出せないので、富永だからこそ本当に鮮度の高い豆の仕入れが出来る。

それを焙煎し立てで飲めるのだから、最早これは鮮度の鬼です。

大げさじゃないのは、その豆の美味しさから分かっちゃう。

大げさじゃないんですよ、ビックリするんですよ。

これを知っちゃうと、ちょっと他の珈琲が飲めなくなっちゃう。本気で。

佐世保に住んでいて良かった!

この珈琲豆が手に入るのは、佐世保に住んでいるからこそ。

他の地域では、これほどのものを手に入れるのは絶対に難しい。

佐世保に住んでいる特権と言っても良い。

これは、コーヒーが好きな人も、そうでない人も飲んでみて欲しいです!

続報もあります

あんまりにも情報量が多いので、お得な続報もありますが、それは次回に回そうと思います。

次の株式会社 富永についての記事を楽しみにお待ち頂ければと思います。

The following two tabs change content below.
佐世保市の情報に特化したローカルアカウントです。 ローカル情報ならおまかせ! 佐世保のあんな魅力、こんな魅力をお伝えしたいです。 お仕事の依頼も大歓迎!
シェア

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)