【九州の味】焼きペヤングがウマいなら、焼きうまかっちゃんも美味しいんじゃない?やってみた!

シェア




焼きペヤングが美味しいらしい

少し前に「焼きペヤングメーカー」というのが発売されて話題です。

焼きペヤングメーカーHP

焼いていない焼きそば、ペヤングを本当に焼きそばにしてしまおうという商品。

どうやら、これが美味しいらしい。

普通にカップ麺を作るよりも食感が良くなり、風味やソースの香ばしさがアップするみたい。

これは気になる。

九州人の魂を込めて作るよ!

焼きペヤングが美味しいなら、焼きうまかっちゃんも美味しいでしょ!

キング・オブ・インスタント麺「うまかっちゃん」ですもの!

「家に買い置きしていたから」っという理由で選んだわけでは断じて無い。

戸棚を開けたら、うまかっちゃんがあったという軽い理由なわけがない。

そうであったとしても、それは内緒。

とにかく、作るよ!

レッツ、クッキング

材料:うまかっちゃん1袋、水、鍋、油

あっ、鍋は材料じゃないや。

あとは、お好みでネギやチャーシューを用意してもいいと思う。

今回は、男は黙ってノートッピング。

そう、僕は”うまかっちゃん”を味わいたいんだ!他の味なんてポポイのポイだ!

そんな硬派なうまかっちゃんを作っていきます。

水の量は?

水は、紙コップ1杯で十分。

量としては、200ml弱ぐらいでしょうか。




茹でるよ〜、焼くよ〜

沸騰したお湯に、麺を投入。

粉末スープや調味油も一緒に投入しちゃいます。

細かいことは気にしない。

そう、だってこれは男のインスタント麺ですから。

たまにかき混ぜながら、ちゃんと全体が茹で上がるようにします。

水分が少なくなってきたら、サラダ油、もしくはオリーブオイルを追加する。

油を追加しないと、麺がペッタリくっついて食べづらくなっちゃう。

あとは、好みのところまで焼く!

これが!焼きうまかっちゃんだ!

THE・シンプルな見た目。

これを見て「おっ、うまかっちゃんだ!」っと気付く人はいないと思う。

だけど、これは確かにうまかっちゃんなのだ。

うまかっちゃんの新しい姿なのだ。

今日が、新生うまかっちゃんの誕生日となった瞬間である。

ハッピーバスデー、うまかっちゃん。

「うまかっちゃん」って何度言えば気が済むんだ、自分。




うん!不思議だね!

味はちゃんと普通のうまかっちゃんで、スープだけが存在しない。

不思議なうまかっちゃんだ!

手間暇をかけて作った甲斐があったかといえば、あったような無かったような。

気持ちとしては、スープがすっごく欲しい。

うまかっちゃんは、焼きそばでは無い。ラーメンなんだ。

いや、美味しいんですよ。

だけど、複雑な気持ちというか、満たされない想いもあるというか。

そう、これは自分はスープに恋をしていたんだと、スープを愛していたんだと気付かされる、そんな食べ物。

私、自分の気持ちにやっと気付いたの!

そうハウス食品に向かって叫びたくなる、焼きうまかっちゃんだった。

気になった人は、是非「焼きうまかっちゃん」を作って欲しい。

スープの無いうまかっちゃんは、あなたに青春の温かな想いを思い出させてくれるかもしれない。



The following two tabs change content below.

SAFEE

長崎県周辺の情報を発信するメディア 「SAFEE」(サフィー) です。 地域密着のローカル情報局として活動中。 させぼナビ、ながナビの統合アカウント。 お仕事の依頼も受け付けております。
シェア

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)