【佐世保】バレンタイン・・・チョコ・・・生チョコいちご大福!和菓子舗「梶山製菓」の限定菓子が美味しい!

シェア




和菓子舗「梶山製菓」

和菓子、洋菓子という固定概念に囚われず、色々なお菓子を生み出している和菓子屋さん。

創業80年を迎えた、佐世保でも老舗の和菓子屋さんです。

そんな老舗でもあり、先進的なお菓子を作り続ける梶山製菓が、バレンタイン限定のお菓子を販売中。

営業時間

営業時間:9時~18時30分(日曜は15時まで)

定休日:第1、第3、第5日曜日

電話番号:0956-31-2008

場所はココ

長崎県佐世保市大宮町18−18

車はお店の前にベタ付けで大丈夫。

ベタ付けに自信が無い方は、お店の人にどうするといいか聞いてみてください。

お菓子がたくさん

初めて中に入ったのですが、想像していたよりも広い!

和洋折衷のお菓子もたくさんあって、イメージしていた和菓子屋さんとは全然違う。

良質な材料にこだわり、お菓子にはビート糖を使っているそうです。

どんなお菓子があるかというと・・・

創業以来ずっと人気なのが「ゆずもなか」なんだそうな。

サクッとしつつもシットリさがある最中。

甘さが控えめで上品な餡に、シッカリを香る柚子の風味。

2個、3個と食べられるスッキリとした甘さで、これは人気なのも納得。




面白いお菓子があり「和菓子とうふ」というらしい。

豆乳がたっぷり入ったスポンジ生地に、柚子や胡麻の餡をサンドしたもの。

これもなかなか美味しくて、お土産として誰かにあげたいぐらい。

ちょっとした名物になりそうな美味しさ。

毎月15日は注目

毎月15日は「赤飯の日」というイベントを開いている。

国産原料をしようした赤飯は大人気で、毎回売り切れるらしい。

「おはぎパイ」という15日限定のお菓子も登場。

2月15日は、ミニさくらもち、ミニいちご大福も販売されるそうです。

バレンタインコーナー

今回の目的はコレ!バレンタインコーナー!

「ショコラ餅」「苺ショコラ大福」という、期間限定のこだわりお菓子が発売中。

バレンタインというイベントに乗っかっただけのお菓子ではなく、こだわり抜いたスペシャルなお菓子。

苺ショコラ大福 210円

2月14日までの限定販売。

やわらか~いお餅で、苺と生チョコを包んだ「苺ショコラ大福」。

苺の甘さ、サイズにこだわり、皮の薄さと柔らかさを徹底した梶山製菓の力作。

「どこを食べても苺に辿り着くように」と思って作っているそうです。




噛んだ瞬間に、苺の果汁がブワッと出てくる!すっごく美味しい!

生チョコの口溶けはもちろん、皮も溶けたと感じるぐらいに柔らかい。

苺の甘酸っぱさが、チョコの甘さをスッキリさせているのでドンドン食べれちゃう。

ショコラ餅 2個160円

3月半ばまでの限定販売。

皮がめちゃ柔っ!口で溶ける!

皮がショコラでコーティングされており、中は生キャラメルの生チョコ。

生チョコの滑らかな口溶けと、後味にも残るキャラメルの風味、これはスイーツとして上質。

和菓子の可能性を感じる!

和菓子、洋菓子という境を無くし、美味しいと思う組み合わせを自由に試したお菓子たち。

良い意味でボーダーレスなお菓子に、和菓子の可能性を感じました。

もちろん、正統派の和菓子も販売されているので、伝統と職人技はシッカリと守っている。

梶山製菓には、一歩進んだ和菓子の世界が広がっています。



The following two tabs change content below.
佐世保市の情報に特化したローカルアカウントです。 ローカル情報ならおまかせ! 佐世保のあんな魅力、こんな魅力をお伝えしたいです。 お仕事の依頼も大歓迎!
シェア

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)