【佐世保】還暦祝いの季節がやってきた!どうやって祝う?佐世保では「鯛の浜焼き」を食べるらしい!

シェア




還暦祝いの季節がやってきた!

還暦祝いって、いつするものか知ってます?

どんなことをするの?どこで出来るの?

ご両親が還暦を迎える方もいらっしゃると思います。

そういった場合、どうやって祝ってあげればいいのかというのを調べてまとめてみましたー!

いつするの?

一般的に、暦祝いは数え年の61歳になるお正月から節分の頃までにお祝いします。

っということは、節分は2月3日なので・・・もう祝っておかないとですね!

誕生日に一緒にお祝いをしたりする場合もありますが、本来のスタイルを考えるとこの時期にお祝いしておきたいところ。

どんなお祝いなの?

長寿をお祝いしたり、日頃の感謝を伝えたり、これからの健康を願ったり、節目を祝う特別な日です。

会社でお祝いする場合もありますし、家族でお祝いをしたりします。

佐世保では、鯛の浜焼きで祝うらしい

佐世保では、鯛の浜焼きで還暦のお祝いをします。

ご家庭で祝う場合だと、小さな連子鯛でお祝いをしたりする。

外でお祝いをする場合、食事会を開いて、そこで鯛の浜焼きを注文して皆で食べます。

そして、還暦を迎える方は、赤いちゃんちゃんこと帽子をかぶる。

お祝いの鯛の浜焼きってこんなの

お店によるとは思いますが、自分が今回撮影に協力して頂いたお店の鯛の浜焼きはこんな感じ。

結構大きな鯛を、塩焼きにしたもの。

還暦を迎える人が複数人いる場合、対象者の人数分の鯛の浜焼きを用意します。




肉厚で美味しそう!

後述しますが、このように鯛を丸々一匹を出すことにはちゃんと意味がある。

還暦以外でも、古希、厄入りでも同じように鯛の浜焼きを食べます。

おめでたさ全開!

鶴の飾り、紅白の蓮根、鯛以外のお料理もおめでたさで溢れている。

この鯛の浜焼きは気合が入ってますねー!

一番は「お祝いの気持ち」が大切ですが、こんなシッカリしたお祝いのお料理があると還暦の人は嬉しいかも。




どうやって祝う?

鯛の浜焼きを参加者全員に回して、一人ずつ箸で鯛の身をつまんでいく。

「幸せを皆に分ける」という意味があるらしい。

なので、魚を切り分けてしまうと意味が無くなってしまう。

あとは、全員で普通にお食事をしてお祝いをしましょう。

還暦祝いについて、分かりました?

還暦祝いは、こんな感じでお祝いします。

食事会の場を設けて、食事をしつつ、鯛の浜焼きでお祝いをする。

鯛は、全員で回して身を分けましょう。

身近に還暦を迎える人がいらっしゃる方は、参考にされてください。

撮影協力は日本料理「桜川」

今回、還暦祝いが出来る場所として協力して頂いたのは、佐世保ワシントンホテルの桜川。

完全個室の日本料理店なので、こういったお祝いにはもってこい。

営業時間:11時~22時(ランチタイムは14時まで)

定休日:12月31日、1月1日

電話番号:0956-32-8011

過去紹介記事:http://safee.wpblog.jp/2018/09/03/201809020214/

鯛の浜焼き:5,000円(要予約)

赤いちゃんちゃんこセットのレンタル:6,000円

いき造り会席:3,900円(サービス料別、税別)

2月になると、また新しいお料理が出るそうなので、お料理内容の参考にされてください。



The following two tabs change content below.
佐世保市の情報に特化したローカルアカウントです。 ローカル情報ならおまかせ! 佐世保のあんな魅力、こんな魅力をお伝えしたいです。 お仕事の依頼も大歓迎!
シェア

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)