【番外編】「チョコフレーク」が生産終了!今しか出来ない食べ方をしてみた!

シェア




「森永チョコフレーク」が生産終了

あのチョコフレークが、なんと生産終了になります。

2019年の4月~6月に工場閉鎖により、売上が落ちていたお菓子の生産を打ち切ることになったそうな。

昔はよく食べていたのですが、確かに影が薄くなっていた印象がある。

こういうニュースをみると、コマーシャルや宣伝の大切さを実感します。

チョコフレークは2会社から出てた!

知ってました?

チョコフレークは、「日清シスコ」と「森永」の2社が作っています。

生産終了になるのは「森永」の方なのでお間違えなく。

勘違いをした方が、日清シスコの方を大量買いされている。

佐世保でも、日清シスコのチョコフレークが売り切れ続出中。

2社の製品を食べ比べしちゃうよ!

この2製品が一緒に食べられるのも、来年の春が最後。

もう2度と出来ない食べ方です。

ちなみに、森永チョコフレークはなかなか売っていない。

自分は、佐世保の卸団地にあるダイレックスで購入しました。

価格に差があり、日清シスコは99円、森永は169円です。

1.7倍の価格差!

香りが全然違う

まずは匂いをチェック。

2つを嗅ぎ比べてみると・・・うわっ、全然違う!

森永チョコフレークの方が濃厚というか、上質というか。

どちらも良い香りなので、森永の方が「より良い気がする」という印象。




色は?

日清シスコの方が黒い。

森永チョコフレークの方がキャラメルみたいな薄い茶色になっている。

2製品で、使われているチョコの種類が明らかに違う。

さあ!食べてみる!

まずは、日清シスコから。

フレークが分厚く、ザクザク感というか、ゴリゴリ感がある食感。

チョコも美味しいのですが、最終的に口に残る味はフレークが強い気がする。

次は、森永。

見た目で分かると思いますが、フレークが薄い。

フレークが薄いおかげなのか、最終的に口に残る味がフレークとチョコレートが均等で美味しい。

全体的に「上質」という印象。

日清シスコも森永もチョコが美味しいのですが、どちらかというと自分は森永の方が好み。

明らかに違いを感じる2製品だった

結局は、どちらも美味しいので好みの問題。

食べごたえのある日清シスコ、バランスが良い森永、甲乙つけがたい。

そうなってくると、生産終了はやっぱり寂しい!!

今しか食べられないと思うと、余計にやるせない気持ちでいっぱいになっちゃいました。



The following two tabs change content below.

SAFEE

長崎県周辺の情報を発信するメディア 「SAFEE」(サフィー) です。 地域密着のローカル情報局として活動中。 させぼナビ、ながナビの統合アカウント。 お仕事の依頼も受け付けております。
シェア

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)