【佐世保】日本遺産!これが歴史!「田島岳高射砲台跡」に行ってきた!

シェア




旧佐世保海軍警備隊田島岳高射砲台跡

田島岳とは、今の弓張岳。

展望台として有名な弓張岳ですが、そこに旧佐世保海軍の高射砲台跡が存在します。

佐世保の歴史は軍港としての歴史でもあるので、佐世保を知ることが出来る貴重な場所。

そんな田島岳高射砲台跡に行ってきました。



場所はココ

長崎県佐世保市小野町

弓張岳展望所の敷地内にあります。

展望所には広い駐車場もある。

展望所の反対側

弓張岳の第1展望所の反対側に向かいます。

景色を堪能した後に、ついでに日本遺産を見学してみるといいかも。

 

とりあえず、どんどん先へと進んでみる。

程よい広さの公園で、軽い散歩コースにも良さげ。

お弁当を持ってきている人、犬の散歩をさせている人など、様々な人が公園にいました。

41号電探跡

まず初めに見えたのが、この電探跡(でんたん)。

電探とはレーダーのことで、「電波探信儀」(でんぱたんしんぎ)の略称。

1942年に装備されたそうですが、そんな昔にレーダーが実用化されていたんですね。

公園!キレイだー!

良く整備されていて、すごくキレイな公園。

芝生も植木も手入れが行き届いている。

こんな場所に、歴史的な遺産が普通にあるという驚きと違和感には感動します。

これが二番砲座

公園内に、突如として現れる異質な場所。

これが、砲座らしい。

昔は、この中心部に大砲を固定していたんですね。

更に奥には、第一砲座

砲座って、一つだけじゃなかったんだ。

結構本格的な警備施設だったのかも。

それにしても、やっぱり遺産は現代とは違う、異質な雰囲気を強く感じる。

更に奥には・・・これは弾薬庫!

弾薬庫って、インパクトがある!

レンガ造り、覆う苔、時代を感じます。

日本遺産は多く回ってきたつもりですが、毎度のことながら歴史の跡がこんな目の前にあるというのはスゴイと思う。

 

次のページでは、すぐ隣にある田島岳空戦指揮所跡に行ってみます。

(ページ下部より、次のページへどうぞ)



The following two tabs change content below.
佐世保市の情報に特化したローカルアカウントです。 ローカル情報ならおまかせ! 佐世保のあんな魅力、こんな魅力をお伝えしたいです。 お仕事の依頼も大歓迎!
シェア

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)