【佐世保】お寿司屋のだし巻き卵がサンドに!カフェ「3and」がオープン!

シェア




サンドイッチのお店「3and」

”サンド”って読むよ!

「サンドイッチを主に販売するカフェ」と言って良いと思います。

元々お寿司屋さんだったオーナーさん家族が作る「だし巻き卵のサンドイッチ」は絶品!

お店にもセンスの良さが光り、他では見ない素晴らしい店構えになっている。

外観の扉や窓が既にオシャレで、存在感がたっぷり。

2018年5月16日にオープン

今週の水曜日、待ちに待ったオープンとなります!

ずっと気になっていたお店なので、今か今かと待ちわびていました。

場所はココ

長崎県佐世保市常磐町4-23 たつみビル1F

大通り沿いにあるため、専用の駐車場は無し。

場所としては、ラッキーボウルの隣というか裏になる。

営業時間

11時~20時。

定休日は火曜日。

電話番号は090-5930-6624。

お店の中!格好いい!!

先払い方式になるので、まずはカウンターで注文を済ませます。

テイクアウトも可能で、気軽に利用出来るお店になっている。

アンティーク感あり、重厚感あり、それでいて木の優しさもある。

照明にもセンスを感じますし、お店の内観はオシャレとしか言いようがない。

他では見ない格好良さで溢れていてビックリ。




お冷はセルフサービス

ウォーターサーバーには、レモン水が用意される予定。

注文をしたお客さんであれば、自由にお水を飲むことが出来ます。

メニューはコレ!

お寿司屋さんの”まかない”としても食べられていたものをメニュー化。

えび天、うなぎだし巻きサンド(う巻き)など、お寿司屋さんの本気を感じる商品が並ぶ。

ドリンクに緑茶があるのが珍しいのですが、高級な嬉野茶を使用しているそうです。

昆布〆フィッシュサンドは時価

市場から魚を仕入れて昆布〆にするという、こだわりの一品。

時価ということですが、大体500円前後で、高くても600円前後となるみたい。

値段は掲示するそうですが、記載が無かったら直接お店の方に聞いちゃいましょう。




テイクアウトの容器はコレ

左からホットのカップ、真ん中がコールドのカップ。

一般的なサイズなので、不満が出ることは無いと思います。

レモン水、ウマッ

レモン水を頂いたのですが、思ったよりもレモンの味が出ていて美味しい。

香りがする程度かと思っていたので、これだけのものが自由に飲めるのは嬉しい。

だしまきサンド!出来立てホカホカ!

だし巻き卵がホッカホカで、パンはふわふわ。

隣はホットコーヒーで、豆はコーヒーステーション牛島の豆を使っている。

酸味あり、苦みありですが、どちらも程良いバランスで飲みやすい。




この、だし巻き卵の分厚さ!

サンドは手のひらよりも大きいサイズで、そこに分厚いだし巻き卵がドカッと挟まれています。

女性でもペロリと食べられる丁度いいサイズですが、この存在感は圧倒的。

薄~く、からしマヨネーズ

食べてみると、だし巻き卵がプリップリで激うまっ!

卵の味をちゃんと感じるのですが、ダシの上品な味も口に広がる。

からしマヨネーズも最小限に抑えられていて、全体的にプロを感じるクオリティの高さ。

だしまきサンドはシンプルに勝負

だしまきサンドは、余計なトッピングは一切無しの本気の勝負商品。

パンはしっとりふわふわですし、だし巻き卵にも潤いがあるので、ペロッと食べれちゃう。

これ、だし巻き卵好きには非常にオススメ。

ちなみに、他のサンドには、レタスや玉ねぎスライス、タルタルソースや天つゆジュレなどが使われているらしい。

これはプロだ

だし巻き卵の見た目の美しさ、それだけでも職人技を感じることが出来ると思います。

他のメニューもそうですが、職人が作る美味しさを知って欲しいそうです。

職人技を体感できるサンドイッチ、新しいジャンルですね!



The following two tabs change content below.
佐世保市の情報に特化したローカルアカウントです。 ローカル情報ならおまかせ! 佐世保のあんな魅力、こんな魅力をお伝えしたいです。 お仕事の依頼も大歓迎!
シェア

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)